カードローンは金利の高いところほど借りやすい傾向にあります

カードローンは金利の高いところほど借りやすい傾向にあります。ローンの金利が一番低いのは銀行や信用金庫で7パーセントくらい、銀行系のカードのローンは8パーセントから10パーセント程度、となっていますが、消費者金融系や信販系のカードのローンは18パーセントの金利となっています。一般的には金利の低い銀行系や信用金庫のローンに目が向きがちですが、このようなローンは審査がとても厳しく、現在の利用者の収入や職業、勤務の状態の入念なチェックを受けることになります。銀行や信用金庫のローンを借りられない人でも、銀行系や信販系のカードローンの審査に通って借り入れができることもあります。それでも審査に通らないという人は、消費者金融のローンなら融資をしてもらえる可能性があります。このように、一般的には金利が高い金融機関であるほど多くの人がお金を借りやすくなる傾向にあります。金利が高い金融機関ほどお金が借りやすくなっているのは、こういうところで借りる人は信用能力が低いため、万が一の貸し倒れの保険にするという意味で金利を高めに設定しているのです。このようなところは審査において返済能力を重視しないため、審査も比較的ゆるめの傾向となっています。金利が高い消費者金融のローンでは、申し込みをしてから30分くらいでずに融資をしてもらえるということも少なくありません。初めてお金を借りる人は、有利な条件で借り入れができる可能性が高いです。このため、初めてローンを利用したいという人は、できるだけ金利の低い金融機関から融資を申し込んでみるとよいでしょう。すでにどこかの金融機関から借り入れをしているという人は、さらに低い金利の金融機関のローンに乗り換えるようにしますと返済の負担を軽減することができます。また、借り入れを予定している銀行のクレジットカードを作っていたり、そこですでに住宅ローンを組んでいる人の場合、その銀行のカードローンの審査は有利になる傾向にあります。