生活保護の賢い受け方を実施するためにはどうすればよいか

dycfdgvもしも金銭的に困って日々の生活が立ち行かなくなった時、ある一定の基準を充たしていれば生活保護を受けることができます。生活保護の受け方としてまず大事なのは、一家の収入が最低生活費を下回っていることが条件となります。この金額に関しては地方公共団体によって異なりますのでそれぞれの自治体に尋ねてみるとよいでしょう。

まずは申請書を自分で作成し、それを自治体の福祉課に相当する窓口に提出します。そしてここの職員による面接を受けて必要事項の確認を行っていきます。この時に正式な生活保護の申請用紙を手渡されるので、これらに改めて必要事項を記入していき提出を行います。このあと、審査官によって本格的な調査が実施されます。自動車や株や保険や不動産などの資産がないか、家族に何らかの収入がないか、貯金はどのくらいあるのか、どのような暮らしをしているのか、他に収入を得てはいないかなどを確認した上で、問題がなければ生活保護の受給が決定されます。

また、受け方のコツとしては、生活保護に関する知識のある人や弁護士、法テラスのスタッフなどの専門家と共に申請することが挙げられます。現在、役所では水際措置として何とか生活保護受給者を減らそうとしており、乏しい知識で訪れると却下されるケースも出てくるからです。そのため、付け焼き刃ではなくきちんと対策を練った上で申請するのが賢いやり方と言えるでしょう。