複数の消費者金融機関で審査落ちになってしまった場合

複数の消費者金融機関で審査落ちになった場合は、慌てずに最後に申請した日から6か月間は待つようにしましょう。
これには理由があります。
消費者金融機関は利用者がキャッシングの申請を行った場合、信用情報機関に対して利用者のこれまでの申請情報やキャッシング履歴を問い合わせます。
そこで例えば、利用者に関して他の金融機関で審査落ちになっているとか、延滞があるなどのマイナスな情報がないか、申請された情報は本当に正しい情報なのかということを確認するのです。
つまり、この信用情報機関から、それらの情報がなくなってしまえば問題ありません。
では、この信用情報機関には、いつまで情報が残っているのかというと、利用者が利用申請を申し込んだという情報は、約半年間をこえては保存されないといった規則になっているのです。
つまり、半年後には、申請したという履歴は、信用情報機関には残っていないため、改めて審査を受けることができるようになるのです。
しかし注意しなければならない点としては、一度融資を断られたということは、その時には何かしらの理由または問題点があったはずなのです。
それらの理由が解決していないまま、単に6か月が過ぎたとしても、状況が変わっていないために、結局同じ答えが返ってくる可能性が高いのです。
このことから、この半年の間に、できるだけ融資が断られてしまった理由を分析して、可能な限り予め対策を取っておくことをお勧めいたします。